色々な不眠症を治す方法を検証!

食べ物で不眠症が改善される仕組みとは?

 

 

自然と眠りにつくためには、
眠りのホルモンであるメラトニンが十分に分泌されている必要があります。

 

メラトニンが分泌されるためには、
同じく脳内ホルモンであるセロトニンが十分に分泌されていることが大事です。

なぜなら、昼間に脳内で分泌されていたセロトニンは、
夜になり暗くなってくるとメラトニンの分泌に変わる
からです。

 

では、セロトニンはどのように分泌されるのかというと、体内で生成できるものではないので、
セロトニンの材料となる栄養素を食べ物から摂取することが必須です。

 

セロトニンの材料となる栄養素、それはトリプトファンという栄養素です。
トリプトファンはアミノ酸の一種で、食べ物のタンパク質に含まれていることが多いです。

 

まとめると、

トリプトファンが多く含まれる食べ物を積極的に食べる。
              ↓
トリプトファンを摂取することによってセロトニンが分泌される(日中)。
              ↓
夜になり暗くなってくると脳内のスイッチが切り替わってメラトニンが分泌される。
              ↓
メラトニンが十分に分泌されていると自然に眠りにつくことができる。

という流れです。

 

トリプトファンが多く含まれる食べ物とは?

 

 

トリプトファンが多く含まれている食べ物として、
以下のようなものがあります。

・肉類
・魚類
・豆類(納豆、油揚げなども含む)
・ナッツ類(アーモンド、くるみ、マカデミアナッツなど)
・チーズ
・主食類(そば、パスタは特に)

これらの食べ物の中でも、
動物性タンパク質よりも植物性タンパク質の方がセロトニンの材料になりやすいそうです。
ですから、豆類、ナッツ類、主食類を特に積極的に摂るのがいいでしょう。

 

食べ物で不眠症を治す方法を実践してみました

 

 

以前、不眠症に悩まされていた私は、
トリプトファンが多く含まれている上記の食べ物を積極的に摂るようにしてみました。
特別な食材などは何もなく、ふつうにスーパーで売っているものばかりですので、
わりとすんなりと取り入れることができました。

 

ですが、問題も発生。

 

私はもともと野菜や果物が好きでよく食べていました。
朝は果物をたっぷりと食べたり、
夜はこれまたたっぷりの野菜を蒸してオリーブオイルをかけたものをお腹いっぱいに食べたりしていて、
そういった食生活が好みでした。
ですが野菜や果物にはトリプトファンがあまり含まれていないので食べる機会が減ってしまい、
それがストレスになってしまったりしました。

 

また、食事に気をつかっていられないほど仕事が忙しい時期もあったり、
友人知人との食事や飲み会が続いたりすると、
やはりトリプトファンの多く含む食べ物など気にしていられなくなります。

 

そんな時に私の見方になってくれたのが、ドリンクタイプのサプリメントのマインドガードDXです。

 

食べ物で不眠症を治す方法にマインドガードDXをプラス

 


マインドガードDX

 

マインドガードDXはセロトニンに徹底的にこだわったサプリメントで、
セロトニンの材料であるトリプトファンがしっかり摂取できます。

 

トリプトファンを摂取できてセロトニンが分泌されるということは、
夜になるとメラトニンが分泌され、自然に眠りにつくことが期待できるのです。

 

私はマインドガードDXを上手に取り入れました。
マインドガードDXを取り入れることによって、トリプトファンを多く含む食べ物に縛られることなく、
大好きな野菜や果物をお腹いっぱい食べることも出来るようになりましたし、
忙しかったり友人知人との食事や飲み会が続いても、
コップに注いで飲むだけでトリプトファンを手軽に摂取できるようになりました。

 

もちろん、食べ物からトリプトファンを摂るためのメニューを作ることもありましたが、
マインドガードDXを取り入れたことによって食事へのストレスもなくなり、
なおかつ体が心地良く休まるようになったと感じました。

 

食べ物で不眠症を治す方法は健康的でいいですが、
マインドガードDXをプラスするととても手軽なのでさらにおすすめです!

 


マインドガードDXのくわしい情報を
こちらのページにまとめてみました。

 

 

 

睡眠は、人間にとって毎日の健康を保つために欠かせません。
しかし、現代社会では様々な原因で不眠症になるケースも少なくありません。
表面上は寝てるつもりでも、レム睡眠などの浅い眠りのケースもあります。
何より早寝早起きの規則正しい生活が第一ですが、中にはどうしても眠れないという人もいます。
不眠症改善には薬療法もありますが、食べ物でも改善できる場合があります。
人間は通常、メラトニンという物質が初めて脳に伝わることで睡眠を促進させます。
しかし、メラトニンその物を直接人間が努力して手に入れる事は不可能です。
そこでメラトニンの分泌作用を促すトリプトファンというアミノ酸を含んだ物を食べる事で、メラトニンを体内で作り出すことが可能です。
このトリプトファンを含む食べ物は、実はすぐ身近にあります。
主に胡麻やアーモンドのナッツ類、チーズやヨーグルトなどの乳製品、海苔、鰹や納豆などからも手軽に摂れます。
トリプトファンはメラトニン生成のため、朝食に多く食べるのが効果的です。
そして夕食は寝る3時間前までに、しっかりと米飯やたんぱく質など炭水化物を多めに摂り、睡眠を促すのがベストです。
このように少し食生活の内容を変えるだけで、良質の睡眠を取り戻す手助けになります。
最後に1つ注意したいのは、寝る前のパソコンやテレビ視聴、カフェインの摂取は避けることです。
結論として積極的に毎朝トリプトファンを取り入れて、夜は精のつくご飯をしっかり食べる事が快眠を手に入れる近道です。

番外編

友人知人に聞いた、眠れない時にやっているちょっとしたこと

私は昔から寝つきが悪く、寝ようとすれば余計眠れなくなったりするので困っていました。翌日に大事な用事がある時など、寝不足では判断も鈍ってしまうので、できればきちんと睡眠をとっておきたいですよね。睡眠を促すような飲み物や方法など、色々試してみたのですが、いまひとつ効果がありませんでした。仕方が無いので、刺激の少ない、ギャグマンガ系を、寝転んだままでダラダラ読んでいたのですが、気がつくと、いつの間にか眠っていました。それ以来、そのマンガを読むと、反射的に眠れるようになりました。この方法は、あまり目には良くないかもしれませんが、このような、眠る前の習慣を取り入れることで、それをする事で、自動的に眠くなるようなものを一つ見つけると、すんなり眠れるようになるかもしれません。