色々な不眠症を治す方法を検証!

入浴で不眠症を治す方法とは?

 

 

入浴によって不眠症を改善していく方法があります。

お風呂の温度はぬるめで38〜40℃ぐらいにする
20分ほどゆっくりと浸かる
お風呂からあがって少し経って体温が下がり始めてきた頃が眠りにつきやすい

 

この3つが入浴で不眠症を治す方法のポイントです。

 

!お風呂の温度を熱くしてしまうと血圧が急上昇してしまって目が覚めてしまい、逆効果です。
ぬるめの温度を心がけましょう。

 

!シャワーだけで済まさずに湯船に浸かるようにしましょう。

 

入浴で不眠症を治す方法を実践してみました

 

 

私は以前、不眠症に悩まされていましたので、
入浴で不眠症を治す方法を実践してみました。

 

ぬるめのお風呂に20分ほど浸かっていると、とてもリラックスした状態になりました。
お風呂に雑誌なども持ち込んだりして、楽しく入浴時間を過ごしていました。
そのリラックスした状態でお風呂をあがり、少し休憩してから布団に入ると、
気持ちもリラックスしているからか心地良く休むことが出来ました。

 

ですが、仕事が繁忙期に入った時、
毎日にように終電ギリギリで帰宅するような日々が続きました。
家についたらもう日付が変わっていて、
ただでさえ不眠症でなかなか寝付けないのに、
さらに布団に入っている時間そのものが減ってしまうことに危機感を覚えました。

 

そんな多忙な日々でしたので、私は20分ものんびりと湯船に浸かっている気になれず、
また、並行して実践していた食べ物で不眠症を治す方法もおざなりになってしまいました。

 

そんな時に私が取り入れてみたのがサプリメントのマインドガードDXです。

 

ゆっくりと入浴が出来ない人はマインドガードDXを

 


マインドガードDX

 

マインドガードDXはドリンクタイプのサプリメントです。
コップに注いで飲むだけで、睡眠に必要な成分が摂取できるため、
多忙な時期でも時間をかけずにサッと不眠症改善にアプローチできるのです。
好きな飲み物と割って飲むことができるので、おいしくいただけます。

 

マインドガードDXの公式サイトに、
1日の終りに飲むと自然と休めるという口コミが載っていたので、
私は深夜に帰宅し、急いで家事を済ませてシャワーを浴び、
寝る前にホッと一息という感じで、
その時に飲みたい飲み物をマインドガードDXで割って飲みました。
私は100%のジュースで割るのが好きなので、それをよく飲んでいました。

 

すると、ささくれだっていた心がだんだんリラックスしてきて、
安らかな状態で布団に入ることができました。
マインドガードDXを飲んだ日と飲まなかった日とでは、休まり具合が全然違いました。

 

できるだけ入浴や食べ物にも気を遣うようにしていましたが、
やはり忙しい日もあるので、毎日気を遣うわけにはいかなかったりします。

 

そんなとき、マインドガードDXは私の強い味方になってくれました。
時間も労力もかけずに不眠症の改善をサポートしてくれるマインドガードDXはとてもおすすめです。

 


マインドガードDXのくわしい情報を
こちらのページにまとめてみました。

 

 

 

人は生活をするにおいて必ず一定の時間睡眠を取る必要があります。なぜなら睡眠を取ることによって体に溜まった疲労を回復させることができるからです。
そして睡眠は夜の時間に取るように人の体質はなっていますが、場合によって本来睡眠を取るべき時間である夜に眠ることができなくなってしまう不眠症になってしまい悩んでいる人も多くいます。
しかし不眠症になってもいろいろな方法で治すことが可能でその中の一つの方法として入浴をするという方法があります。
そしてなぜ入浴をすることによって不眠症を解消することができるのであるのかというと入浴をすることによって体温を上げることができ、入浴を終えると体温が下がっていくのでこれで眠気が出てきて睡眠をとりやすくなるので不眠症を解消することができます。
また入浴をすることによって自律神経の切り替えをしやすくすることができ、これによってすぐに眠くなることができ睡眠を取ることができるようになり、不眠症を解消することができます。
このため不眠症になってしまったら睡眠をとる前にお風呂に20分から30分くらい入ってリラックスをしてから睡眠をとるようにするといいと言えます。そのため毎日入浴をすることが不眠症対策になります。

番外編

友人知人に聞いた、眠れない時にやっているちょっとしたこと

次の日に何も用事が無い時は、夜寝れなくて困った時に無理に眠ろうとしないで、テレビを観たり携帯をいじって眠くなるのを待ちます。でも、次の日が仕事だったり朝早く起きなければならない時は、テレビや携帯なんかを見ている時間も勿体無いので、いつもある事を実践して眠るようにしています。それは、身体を温めて眠る事です。寝る前に軽く湯船に浸かったり、ハーブティーを飲んでから布団に入るとリラックスできて眠りやすくなります。でもこれは、冬の寒い時期は良いのですが、夏の熱帯夜には通用しません。そんな寝苦しい夜に私がやっている早く寝る方法は、寝る前にトマトジュースを飲むという方法です。冷たいトマトは、体の中から冷やしてくれる作用があるのでクーラーが嫌いだという人におすすめです。