色々な不眠症を治す方法を検証!

寝覚めの良い朝は気持ちの良いものですね。その気持ち良い寝覚めに、質のよい眠りは必要不可欠です。近頃、睡眠が不足しているなあと思ったら、一度、ご自身の睡眠を見直してみる必要があるかもしれません。
睡眠不足には、日中の運動不足やストレス等さまざまな原因が考えられますが、寝る前のちょっとした工夫で心地よい眠気を誘い、睡眠不足の解消につながる事もあります。たとえば、就寝前に飲む飲み物もその一つで、飲み物が不眠症対策に繋がったりするのです。
一般的に、カフェインやアルコールは、快眠を妨げる事で知られています。カフェインには覚醒作用があり、神経を興奮させます。コーヒーは眠気覚ましには良い飲み物ですが、就寝前の飲み物には適しません。また、アルコールは浅い眠りを引き起こし、睡眠の質を下げる誘因となると言われます。
では、反対に、睡眠不足の解消に効果的な飲み物はあるのでしょうか?たとえば、レンジでひと肌に温めたミルクやラベンダーなどのハーブティーには、精神を落ち着かせ、心身をリラックスさせる効果があります。眠れない夜、ハーブティーの柔らかな香りをかぐだけでホッとする、という方もいらっしゃるかもしれませんね。また、冬場、寒くてなかなか寝付けない時や、冷え性で夏の夜のクーラーが苦手という方には、身体を温める効果のあるしょうが湯なども良いかもしれません。ベッドに入る前のひと時、不眠症対策に効果が期待できる飲み物を飲んで、不眠症を和らげられるといいですね。

 

番外編

友人知人に聞いた、眠れない時にやっているちょっとしたこと

私は以前うつ病を患ったことがあるので、眠れないということに非常に敏感になっています。うつ病時代は眠れないときにはすぐ、睡眠薬を飲むようにしていましたが、睡眠薬はどうしても依存性が強くなりがちで、薬が無いと不安になってしまい、飲まないよ不安になるという悪循環を招いてしまうので、今現在では睡眠薬は最終手段として取っています。今現在、眠れない時に取る方法は、眠れない原因を取り除くことです。私の眠れない大きな原因は、大抵の場合生活においての小さな不安(仕事や面接に受かるかな?などの小さな不安)であることが多いのですが、考えても仕方のない不安の場合、一度起きてから読書をしたり、全く別のことをして気分を切り替える、布団がある部屋とは違う部屋へ行き、温かい飲み物を飲んで体を温めるなどの方法を取ります。最近はそれで眠れるようになりました。