色々な不眠症を治す方法を検証!

不眠症の治し方をお探しのあなたにはこれがおすすめ!


マインドガードDX

 

色々な不眠症の治し方を調べ尽くした私のおすすめサプリです!

 

不眠症の治し方 簡単にできる4つの方法

寝る前はパソコンやスマートファンの使用を控える
適度な運動を心がける
眠りに繋がりやすい入浴方法にする
セロトニンを増やして睡眠へと繋げる

寝る前はパソコンやスマートファンの使用を控える

パソコンやスマホ、携帯電話、テレビなどから出ているブルーライトという光は、眠りのホルモンと呼ばれるメラトニンを減少させてしまいます。就寝の1〜2時間前はこれらの使用を控えるようにしましょう。
適度な運動を心がける

日常的に運動をする習慣がない人は運動をしてみることで体に適度な疲労感を与えてみましょう。こうすることで案外すんなりと眠れることもあります。また、日中に屋外でウォーキングなどの運動をすればPOINT4で説明するセロトニンの増加にも繋がって一石二鳥です。
眠りに繋がりやすい入浴方法にする

シャワーだけで済ませている方、熱いお湯に浸かっている方、カラスの行水の方、入浴後すぐに布団に入っている方は、その入浴方法を見直して、眠りに繋がりやすい入浴方法に変えてみましょう。くわしくは入浴で不眠症を治す方法のページをご覧ください。
セロトニンを増やして睡眠へと繋げる

脳内物質のセロトニンは夜になると眠りのホルモンのメラトニンに変化します。セロトニンを増やすには朝〜昼に太陽光を浴びること、ウォーキングやサイクリングなどのリズム運動をすること、セロトニンの材料となるトリプトファンとビタミンB6を摂ることです。またセロトニンにこだわったサプリメントのマインドガードDXもおすすめです。

 

セロトニンにこだわったサプリ「マインドガードDX」

 


マインドガードDX

 

マインドガードDXはこんな方におすすめです。

寝る前まで仕事などでパソコンやスマホを使っている

運動をする時間がとれない

朝から昼にかけて太陽光を浴びる機会が少ない

食生活が乱れがちで栄養がきちんと摂れない

セロトニンを増やすのが難しいこのような生活の方に
セロトニンにこだわったマインドガードDXをおすすめします!

 

これは私がこれまでに試したサプリの数々です。休息できないのが辛くて藁をもつかむ思いでこれだけのサプリを試しました。ですがどれも1箱分が終わったらそれっきり…だったのですが、マインドガードDXだけはなくなったらリピート買いしていて、もう6本目です。ずっと飲み続けている唯一のサプリでおすすめです!

 


マインドガードDXはこちら!

 

知人にインタビュー!あなた流の眠れない夜の対処法は?


私は寝つきはいいのですが、途中で何度も起きてしまいます。
昔はすぐまた寝れたのですが、子供が生まれて夜泣きの経験があり
神経が過敏になってしまったように思います。

 

そして、最近子供の夜泣きがなくなったにも関わらず
身体が音に敏感になってしまったみたいで、1度起きるとなかなか眠れません。

 

そんなときに私がやる方法は、息を5秒吸ってそのあと3秒息を止めて
そのあとに7秒かけて息を吐き切るということです。
これは副交感神経を優先させる方法らしく、とても心身落ち着きます。
さらに、時計の秒針を聞きながらタイミングを合わせてやっていると
気づくといつの間にか寝ています。

 

それでもまた起きて眠れないときは、ヒーリング効果のあるCDをかけます。
曲にうっとりしていると気づくと眠ってしまっています。
電気をつけてこの作業をすると目が冴えてしまうので、暗がりでもわかるように
手元に音楽を聴ける機器を置いておきます。

「今日も眠れなかったらどうしよう」と布団に入って何時間も眠れず、やっと眠れても今度は朝明るくなってもお昼近くになっても起きられない。明日こそ早く起きられるようにと、早くに布団に入るのだけど、やっぱり眠れない。そんな悪循環が不眠症の人を苦しめます。病院へ行って、睡眠導入剤を処方してもらうのが手っ取り早い解決方法なのかもしれませんが、中々そこまでの勇気は出ず、自分で何とかしなくてはと、余計にストレスがかかってしまいます。そんな時の対処方法として、
@薄いカーテンだけを引いておき、朝の太陽の光を浴び体内時計をリセットする
A昼間適度な運動をする
B夜寝る2時間前はなるべくテレビやスマホ、パソコン等液晶画面を観ない
C寝る前にゆっくりとお風呂に入って湯船で身体を温める
以上の方法を試してみるのがおすすめです。
特にBに関してはテレビのニュースなどによく取り上げられていますが、スマホなどから出る「ブルーライト」が体内の眠くなる物質を抑制してしまうそうなので、注意が必要です。そして一番大切なのは、ストレスをため込まないことです。「眠れない」ということを自分の中だけで悩まないで、家族や友人など周囲の人に相談することです。またインターネット上では不眠の人の悩みが書き込まれていたりしているので、それを見て「私だけが苦しんでいるのではないんだ」と安心するかもしれません。

積極的に摂りたい食品・栄養素
今、精神的ストレスや乱れた生活習慣の影響によって、不眠症になる人が年々増加しています。不眠症は寝付くのに時間がかかるタイプや、ぐっすり眠っているつもりでも熟睡感が得られないタイプ、朝にスッキリ起きられないタイプなど人によって様々です。このような不眠症の治し方は、眠り始めから3時間の睡眠の質をいかに深めるかが重要な鍵になります。朝に十分日光を浴びたり、就寝前に軽く運動したりして身体を動かす事も不眠症の治し方として効果的ですが、グリシンやトリプトファン、メラトニンなどの快眠成分を体内に取り入れるのもお勧めです。熟睡したいなら、就寝前にグリシンを直接摂取するのが即効性があり、睡眠後半の時間帯のレム睡眠も防ぐ事ができ、朝の目覚めをスッキリさせます。グリシンは日常の食生活の中でも鶏肉や豚肉、アーモンドなどから豊富に摂取できますが、就寝前にこれらを多く食べるのはほぼ不可能です。ですから、グリシンが配合されているサプリメントで摂取するのが望ましいでしょう。そして、もう1つ睡眠の質を上げるには、神経伝達物質であるセロトニンを活性化し、朝から脳にきちんと届けてあげる事も重要です。不眠症に陥りやすい人は、このセロトニン不足が一番の原因とも言われ、3食バランス良く食事を摂る事で改善できる事が多いです。ただセロトニンを直接含む食材はありませんので、セロトニンの原料となるアミノ酸成分のトリプトファン含有の食材を朝食に積極的に摂るのがお勧めです。トリプトファンは、主に乳酸品、豆類、穀類に多く含まれており、米飯などの炭水化物と一緒に摂ることでセロトニンをより多く生成できます。セロトニンにこだわったサプリメントのマインドガードDXがありますが、これは私も飲み続けていてお勧めです。→マインドガードDXはこちら!このように、食品や栄養素を利用する不眠症の治し方もあります。