色々な不眠症を治す方法を検証!

おすすめの不眠症解消法は?

 

毎日、ゆっくりと休めなくて、
朝、目が覚めたときにもちっともスッキリしなかったり、
夜中に何度も目が覚めてしまって、
持続した睡眠が取れなかったりして、
疲れがたまった状態でイライラしてしまったりしませんか?

 

そんな症状が数週間以上続いているあなたは
もしかしたら不眠症かもしれません。

 

不眠症解消法は多くありますが、
最新のおすすめ不眠症解消法はサプリメントを飲む方法です。
中でもマインドガードDXというサプリメントが人気のようです。

 

普段の生活で心の不調を訴える人は激増しているのです。

 

平成8年と平成20年を比べると、
心の不調を訴えている人は2.4倍も増えているのです。

 

その中でも5人に1人が休息に不満を持っているのです。
休息不足で病院通いをしている人も多く、
夜にしっかりと休息をとれるようになることは体にも心にもとても大切なことで、
放っておくと、うつ病になったりしますので、疎かにしてはいられないことです。

 

休息できない原因に「セロトニン」があります。
セロトニン不足で夜、ゆっくりと休めないということなのです。
休息するにはセロトニンが必須なのです。

 

セロトニンの生成に欠かせない栄養は体では作り出せないので、
食べ物から摂取する必要があります。

 

そんなときに、セロトニンにこだわって開発されたマインドガードDXを飲むと、
セロトニンにアプローチできるというわけです。

 


マインドガードDX

 

 

アロマを使った不眠症解消法は?

 

不眠症解消法の1つにアロマオイルを使用する方法があります。

 

不眠症というと、つい睡眠薬などの薬に頼りがちになってしまいますが、
アロマオイルを使用した方法であれば、
身体に負担をかけず解消することができると期待されています。

 

アロマオイルは花や草、果物の皮などから抽出した100%天然のオイルであり、
植物の持つ効果が、不眠症に効果を出してくれるのです。

 

不眠症に効果があると言われているアロマオイルは、1つはラベンダーです。
ラベンダーは万能のアロマオイルであり、傷を治したり、
鎮静効果が高くストレスを緩和し心を落ち着かせてくれます。

 

2つ目にはカモミールローマンがあります。
昔から民間療法として利用されてきたアロマで、リンゴに近い香りがし、
リラックス効果が高く、高ぶった気持ちを抑えてくれるため、
寝る前には最適なアロマオイルです。

 

アロマオイルの使用方法は、
アロマポットやディフューザーなどで温めて香りを出す方法です。
寝る前に寝室で焚くと、香りでリラックスし安眠効果が期待できます。

 

 

食べ物による不眠症解消法とは

 

不眠症に効果のある食べ物というとトリプトファンが多く含まれる食品です。

 

トリプトファンは体内が分泌する眠くなり成分のセロトニンを作るものなので、
消化の時間を考えて朝食時にトリプトファンを多く含む食品を摂ることがいいとされています。

 

ではトリプトファンを含む食品とはどんなものがあるでしょうか。
名前があまり聞きなれませんが身近な食品に含まれています。

 

ナッツ類や、チーズ、しらす干、凍り豆腐、納豆、きなこなどが
多く含まれて居ますがこの他にも多くの食品があります。

 

朝食も、洋食ならナッツをヨーグルトに入れたり、
チーズをトーストに乗せたりすれば簡単に食べられます。

 

和食なら納豆や前日に凍り豆腐の煮物などを作っておけば準備も簡単です。

 

きなこは子供も食べやすくパン派の場合もマーガリンやバターに
きなこを混ぜたものをトーストに塗っても美味しく食べられます。

 

こうしてあげただけでもトリプトファンを含む食品は
応用が利いて食べやすい食品が多いことがわかります。

 

不眠でお悩みでしたら朝食をこうしたものに意識して変えてみることは
症状の改善につながることもあるのです。

 

またポイントとしては寝る時間の2時間から3時間前に
ご飯や麺などの炭水化物をしっかり取ることも大事です。
これはインスリンの分泌もセロトニンの分泌に関わっている事からです。

 

ですが私は、
「2〜3時間前に炭水化物をしっかり摂り過ぎるのは太りそうだな…」
と思ったので、トリプトファンを含んでセロトニンに働きかけてくれるサプリ、
マインドガードDXを寝る2時間ほど前に飲むようにしています。

 


マインドガードDX