色々な不眠症を治す方法を検証!

五月病と不眠症について

五月病と聞くと、なんだか病気とは少し縁遠い印象を受けますよね。病気というよりはやる気の問題。そんな印象を持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。確かに五月病というだけあって4月後半からゴールデンウィーク明けあたりに、なんだかやる気が出ない、会社、学校に行きたくない、不眠症のような症状がある、といった状態に陥ることが多いようです。その原因の大半は環境の変化によるものだといわれています。4月から新しいスタートを切る方もたくさんいらっしゃる思いますが、初めての会社、学校、一人暮らしなど、大きな環境の変化は自分で思っているよりも体は多くのストレスを感じているものです。人間関係であったり、仕事の上下関係、新しい友達付との付き合いなど神経をすり減らす要因がそこら中にあるわけです。しかし人間頑張っているときは気を張れるものです。ですが、いったんその緊張の糸が切れてしまうと、不安感に襲われたり、無気力、不眠症、などを引き起こすのです。特に不眠症になってしまうと、きちんと熟睡できないわけですから脳が休まらず、果ては鬱病に発展してしまうケースも少なくないようです。それを防ぐには毎日のストレスケアを怠らないようにするのが一番です。良いストレス発散方法がある方はいいのですが、無いという方は毎日のリラックスタイムである入浴中の明かりを少し暗くして気持ちを落ち着かせてみる、音楽を聴きながら入る、食事の際ビタミンC、カルシウムを摂取するよう心掛けるのも効果的です。たかが五月病と侮るなかれ。自分を少し大切にしてあげましょう。