色々な不眠症を治す方法を検証!

不眠症に効果がある運動としてのヨガやランニング

不眠症に運動は効果的です。運動をすることで体を使うので、体の疲れから自然と眠気が起こり、眠りを誘うからです。ヨガは体の筋を伸ばし、血流を良くします。ヨガは足や腕など、体全体を使い、伸ばし、多少辛い姿勢を取ったりもするので、行った後は血行が良くなり、心地よい疲れを伴います。継続的にヨガを行えば、血行が良くなることから、冷え性も改善されますし、不眠症の改善にも役立ちます。ランニングなどの有酸素運動も腹式呼吸を行い、足、体全体を使うので、行った後は自然に眠気を伴います。体を疲れさせるのは不眠症に効果的です。ただ、ランニングは呼吸を繰り返すことで、心臓に負担をかけ、脳を興奮させるので、夜などに行うのは、逆に眠れなくなってしまうこともあります。眠りまでに数時間を空けてランニングを行った方が心地よく眠りに就くのに効果的でしょう。眠りに就く時に体が冷えていると寝付けないことがあります。体は温めた方が自然と眠りに就くことができるでしょう。そういった意味でも体を温める効果のある運動は不眠症改善に役立ちます。ヨガやランニングの他にも有酸素運動である水泳、ストレッチ、散歩やウォーキングなど激しい運動ではなく、軽い運動から始めてみるのも行いやすいですし、気分転換にもなり、ストレス解消や癒しともなり、メンタル面でも効果があるでしょう。冬でしたらシーツを暖かなものにしてみたり、湯たんぽなどを使ったり、体以外にも寝具で暖める事も心地よく眠る為には良いでしょう。夏は寝苦しくないよう、涼しい環境を作ることも大切です。