色々な不眠症を治す方法を検証!

不眠症とうつ・ストレスの関係

ポピュラーなお悩みである不眠症は、眠れないということ自体が大きな悩みですし、睡眠によって十分に心身を回復させることができない、という問題もあります。

これが続いてしまいますと、不眠がストレスと疲労を増やし、それがさらに不眠を悪化させるという悪循環に陥りかねません。そのため、なるべく早く対策を開始することをおすすめします。

ところで不眠症の原因として、うつやストレスがあります。例えばうつ病になってしまいますと、不眠の症状が出ることが多いです。

うつ病はそれ自体だけでも、気分が大きく落ち込んだり頭が働かなくなるなど、とてもつらい病気です。そこに不眠症まで加わってしまえば、さらにつらくなってしまいます。

うつ病の場合には抗うつ薬などを使って医師の治療を受けることも必要ですが、うつ状態の場合にはまずは不眠症を改善してみることをおすすめします。

具体的にはギャバなどのサプリメントを使ったり、軽い運動をしたりぬるめのお風呂に浸かったり、といったセルフケアがあります。

ストレスも不眠症の大きな原因です。ストレスを受けますと、心がそれに対抗するために頑張りますが、そうしますと神経の緊張が続く状態になり、眠りにくくなってしまうのです。

ストレスを減らすのはなかなか難しいことですが、休みの日には仕事のことを考えないようにしたり、好きな趣味に打ち込んだり、ウォーキングやサイクリングなどを楽しんでみてはいかがでしょうか。