色々な不眠症を治す方法を検証!

疲れているのに、眠りたいのに、ベッドに入ってもいつまでも眠れない状態が続くことを不眠症と呼びます。
何か心配ごとや気になることがあって、そのことばかり考えてしまって眠れないと理由がはっきりしている場合もありますが、特に理由もないのに不眠症の症状が出てしまっている方もいます。
この場合、快眠に必要なメラトニンという物質が不足しているせいなのかもしれません。
メラトニンは神経伝達物質であり、精神をリラックスさせて眠りに入りやすくさせる物質です。
これが不足していると、興奮状態が続いて眠りに入れない状態が続くことがあります。
どうすればメラトニンを増やせるのかというと、これにはセロトニンという物質が必要になるのですね。
セロトニンはメラトニンの元になる神経伝達物質で、これも精神をリラックスさせる作用があり、幸せホルモンなどと呼ばれています。
このセロトニン分泌量を増やすことで、メラトニンの生成を促すことができるというわけです。
ではどうやって増やすかというと、まず重要なのは朝起きて太陽の光を浴びることです。
太陽の光を浴びながら、軽い運動をするというのが最も効果的ですね。
そして、セロトニンを生成するためにはトリプトファンというアミノ酸が必要です。
これは穀類や豆類などに多く含まれているので、ご飯やみそ汁、豆腐など普通の食事で摂取できるはずです。
不眠症が続くとそれがまた新たなストレスとなってますます眠れなくなるので、科学的に快眠物質を増やして解消しましょう。