色々な不眠症を治す方法を検証!

不眠症で眠りが浅い原因と改善について

睡眠する上で何らかの原因により眠りを妨げられていること、上手く深い眠りを維持することができないことを不眠症と言います。この症状はいくつかのタイプに分かれており、特に眠りが浅く熟睡できないという状態を「熟睡感欠如」として分類されます。眠りにつくことができていても起床した時に寝た気がしない、身体が休まらず疲労感が残っているなどがこれに当たります。この状態を放置したままにすることは昼間に極度の眠気に襲われたり、過眠症などを引き起こす原因になりうるため日常の生活や仕事に支障をきたす場合があり注意しなければなりません。眠りが浅い不眠症の原因には過度の不安やストレスを常に抱えている心理的なもの、服用している薬の作用、コーヒーなどの強いカフェインによる刺激物の摂取やタバコやアルコールの習慣化も不眠に繋がるものと考えられます。またアレルギー湿疹や外傷による痛みや痒み、頻尿、花粉症の症状も睡眠を妨げ眠りが浅い状態になりやすいです。眠りが浅い状態を改善するためには、これらの不眠症を引き起こす可能性のある生活習慣を変えていくことがとても重要になってきます。それに加え睡眠準備を整えることも大切で手段としては入浴で身体を温める、ストレッチで全身をほぐす、部屋の照明を徐々に落としていき、音楽や香りでリラックスするなどの働きかけも有効だとされています。自己で改善が困難な場合は専門医にアドバイスをもらい適した治療で改善していくことも必要です。