色々な不眠症を治す方法を検証!

不眠症に効果的なアミノ酸「グリシン」について

ストレスなどの精神的な理由で夜寝付けなくなってしまう「不眠症」は、アミノ酸の一種である「グリシン」を摂取することで、症状の改善に繋がる可能性が指摘されています。グリシンは、以前に比べると注目度が上がっており、睡眠を改善する効果があるという研究結果も出されています。不眠症に悩んでいる人にとって、グリシンはまさに「救世主」となりうる存在なのです。さて、人間の睡眠には2種類あり、体は深く眠っているが脳は活発に動いている「レム睡眠」、そして体も脳も深く眠っている「ノンレム睡眠」が挙げられます。人間が眠りについてはじめに深い眠り、つまり「ノンレム睡眠」に入るまでには30分から1時間程度かかると言われていますが、グリシンを摂取することで深い眠りの「ノンレム睡眠」に入るまでの時間が短縮されることが、専門家の研究で判明しています。「ノンレム睡眠」の時は、傷ついた細胞を修復して、疲労回復を促す「成長ホルモン」がたくさん分泌されるため、短い時間でノンレム睡眠に突入することで、より多くの成長ホルモンを分泌するため、ぐっすり熟睡出来る上、翌朝の目覚めも格段に良くなります。成長ホルモンは子供の成長に欠かせないもので、大人には関係ないように思えますが、実はとても重要な働きをしているのです。また、グリシンには血の巡りを良くして、体の体温を下げてくれる効果もあります。体温が下がることで早く睡眠に入れるだけでなく、睡眠の質も高まります。不眠症に悩んでいる人は、睡眠に様々な効果のある「グリシン」を積極的に摂取することをおすすめします。