色々な不眠症を治す方法を検証!

不眠症を治す方法を探しているあなたへ

 

不眠症を治すための近道は、セロトニンを増やすことかもしれません。

 

 

不眠症改善のためたくさんのサプリを飲み比べました

不眠症を治す方法としておすすめなのがサプリメントを取り入れることです。睡眠薬よりもサプリの方が副作用・依存性の心配も少なく安心なので、できればサプリで改善していきたいところです。私は実際にたくさんの種類のサプリを飲み比べました。実際に飲んでみた中でおすすめのサプリをご紹介します!

→実際に私が飲んだサプリメントを比較してみました!

 

 

 

マインドガードDXは豊富な成分とその吸収力が魅力です。

休息に欠かせない成分、トリプトファンをはじめ、豊富な成分がぎっしり。
さらにドリンクタイプだからこそ吸収力の面でもおすすめ。
たくさんのサプリを試した私が飲み続けているのがマインドガードDXです。

→マインドガードDXの詳細はこちら!

 

あなたの不眠症はなぜ治らないのか?

 

不眠症が治らない原因として可能性があるのは…

睡眠や休息の質を上げる成分グリシンの摂取量が足りていない

睡眠に必要な脳内物質セロトニンが不足している

夜、寝る前の時間にリラックスできていない

ということが考えられます。

 

不眠症を治す方法にはどんなものがある?

 

 

上記の原因を改善する方法として、このようなものがあります。

 

サプリメントで不眠症を治す方法

 

薬で不眠症を治す方法

 

食べ物で不眠症を治す方法

 

入浴で不眠症を治す方法

 

「森田療法」で不眠症を治す方法

 

実際にそれぞれの不眠症を治す方法を調べたり試したりしました

 

 

私は以前、不眠症に悩まされていました。
その頃は不眠症を治す方法を色々と調べたり試したりしました。
効果的な方法や、不眠の改善以外の面でも健康になれそうな方法が見つかりました。
また、逆に怖くて試せなかった方法もありました。

 

薬で不眠症を治す方法

上のリンク先のページに睡眠薬の副作用で車の事故を起こしてしまったという方の体験談を載せています。
これ以外にも副作用の体験談を多く見聞きし、怖かったのでやめておきました。
また、将来の生まれてくる赤ちゃんにも影響があるとされていて、それも不安でした。
不眠症を治す方法として1番最初に思いついたのが睡眠薬でしたが、
これらの理由により飲むことはしませんでした。

 

食べ物で不眠症を治す方法

上のリンク先のページにくわしく書きましたが、不眠症を改善するのに効果的な食べ物があります。
その食べ物は特別なものではなく、日常的に口にするものなので、積極的に摂るようにしました。
健康的な食生活となり、心身が前向きになるような感じがしました。
仕事を前向きに頑張れるようになった分、夜は充実感からか自然に眠たくなることが多かったです。
ただ、仕事がものすごく忙しくなったり、友人や知人との食事や飲み会が続いたりして、
どうしても食生活に気をつかえない時期も多く、そのような時はこの方法は実践できませんでした。
1人での食事の時や自炊する余裕のある時だけ実践していました。

 

入浴で不眠症を治す方法

ぬるめのお湯に20〜30分ほどゆっくり浸かる入浴方法が良いとのことだったので、試してみました。
確かにやってみるとリラックスした状態になり、出たあとはスヤスヤと眠れていたように思います。
ただ、こちらも仕事が忙しい時期にはなかなか実践できませんでした。
終電ギリギリで帰ってきて帰宅する頃にはもう日付が変わっているということもありましたので、
そういった日にゆっくり湯船に浸かる気にはなれなかったのです。
ただでさえ不眠症なのに、これ以上睡眠時間を削るなんて…という気持ちがあったからです。
なので、時間と心に余裕がある時だけ実践していました。

 

森田療法で不眠症を治す方法

上のリンク先にくわしく書きましたが、
簡単に言うと、心のあり方や考え方から変えて不眠症を和らげようとするのが森田療法です。
私はこの森田療法の考え方がとても素敵だなと感じ、身につけていこうとしました。
うまくいく日は心安らかに休息することが出来ました。
ただ、私の性格上、完全に森田療法の考え方にすることが出来ませんでした。
なので、うまくいく日だけ森田療法を実践しました。

 

私の不眠症を治す強力なサポートをしてくれたマインドガードDX

 

上記のように、私は睡眠薬には手を出さず、
食べ物、入浴、森田療法などを組み合わせて不眠症を治そうとしました。

 

ただ、多忙な時や疲れている時は食べ物と入浴にまで気が回らず、
心に余裕がない時やイライラしてしまう時は森田療法はうまくいきませんでした。

 

実際、私以外の方も忙しい方は生活を変化させるのが難しいという場合が多いかもしれません。
そういう場合は、できる範囲内で生活を改善しつつ、
サプリメントにサポートしてもらうのがおすすめです。

 

私は色々なサプリメントを試しましたが、1番のおすすめは
ドリンクタイプのサプリメント、マインドガードDXです。

 


マインドガードDX

 

食べ物、入浴、森田療法で不眠症を治していこうと思いましたが、
それらをいつでも完璧に実践することは出来ませんでしたので、
このマインドガードDXを飲むことによって不眠症を治す強力なサポートをしてもらいました。

 

私がマインドガードDXを選んだ理由
素材の吸収力に期待できる

タブレットタイプやカプセルタイプのサプリメントが主流かもしれませんが、
そういったサプリメントは分子が大きいので
素材があまり吸収されないまま排出されてしまうことが多いそうです。
その点、マインドガードDXはドリンクタイプですので吸収力に期待できそうだったので選びました。
マインドガードDXの公式サイトには…

 

 

↑このような記述が!

質の良い休息のための必須成分セロトニンに徹底的にこだわっている

脳内物質のセロトニンは質の良い休息のための必須成分です。
セロトニンが十分に分泌されていると不眠も和らいでいき、
逆に足りていないと満足に休むことができず不眠の悪化に繋がる恐れがあります。
食べ物によってセロトニンの分泌を増やすこともできますが、
前述のとおり、忙しかったり疲れていたりすると食事にまで気をつかうことができません。
そんな時でもマインドガードDXならコップに注いで飲むだけなので、
時間も労力も使わずにセロトニンのもととなる成分を摂取することができるのです。

ドリンクタイプなのにまずくない

マインドガードDXを購入する前、1番心配だったのが味でした。
ドリンクタイプのサプリメントにはどうしてもまずそうなイメージがありました。
よくテレビ番組の罰ゲームなどで使われていたりもしますよね…。
ですが、マインドガードDXの公式サイトに載っていた、

 

↑この情報を信じて思い切って購入してみました。
すると、確かにおいしいとまではいかなくとも、思ったよりずっと飲みやすい。
それに好きな飲み物と割って飲むことができるので、
アップルジュース、グレープジュース、マンゴージュースなどに混ぜて飲んだところ、
全く問題なく飲むことができました。

 

このように、数あるサプリメントの中でもマインドガードDXは期待できそうだと感じ、購入しました。
そして私の不眠症の改善を協力にサポートしてくれたように感じます。
マインドガードDXの公式サイトには愛飲者からのたくさんの喜びの声が掲載されていますが、
私もその方々に賛成です!

 


マインドガードDXのくわしい情報、
ご購入はこちらの公式サイトをご覧ください!

 

 

 

味・価格ともに初心者さんにおすすめ!北の大地の夢しずく

 

もう1つ私が試したサプリメントでおすすめなのが
初心者さんにおすすめの北の大地の夢しずくです。

 


北の大地の夢しずく

 

北の大地の夢しずくを選んだ理由
味・価格ともに手が出しやすい

初めて買う商品に対しては期待とともに少し不安があるものですが、
北の大地の夢しずくはグレープフルーツ味ということで飲みやすそうでしたし、
1箱(約1ヵ月分)3,980円ということで手が出しやすい価格でした。
初心者さんでも試しやすいのではないでしょうか。

アスパラガスから抽出した休息成分誘発物質がめずらしい

成分で特記すべきはアスパラガスから抽出した休息成分誘発物質
とてもめずらしいなと感じ興味を持ちました。
食品から抽出した成分なので安心感がありますね。

スティックタイプなので持ち運びやすい

出張先のホテルなどに行くと、いつも以上に休まらない私。
北の大地の夢しずくはスティックタイプなので持ち運びやすく、
出張などで普段と違う場所に行くときも重宝します。

 


北の大地の夢しずくはこちら!

 

 

番外編

友人知人に聞いた、眠れない時にやっているちょっとしたこと

夜、眠れない時にする対処法は、たくさんありますが、私がやっていることは、無の世界に入っていく方法です。まず目をギュッとつぶり、目の奥?の暗闇の中をじーっと見ていると、波紋のようなものが見えてきます。ギュッと目を瞑ったままだと疲れるので、波紋が見えたら、目の力を緩めます。そのまま、暗闇のなかにある波紋に吸い込まれていくイメージをしながら、目でグイグイと中へ入り込んでいきます。目は瞑ったままなのですが、より目のような感覚になります。そして、十分奥の暗闇へ進んだ後は目が疲れているので、目を開けてキョロキョロ。そのあとは、大の字のまま仰向けに寝た状態で、軽く目を閉じ、頭を空っぽにします。何も考えません。何の映像も浮かびません。これをやると、知らない間に眠っていることが多くあります。それでも眠れない場合は、寝るのはあきらめ、起きています。一日二日眠らなくても死にはしませんから。

人気ランキング:ナイトブラ